mail facebook twitter

PRODUCT STORY商品開発秘話

コードヴァンベルト

コードヴァンベルトBarbour Cordvan

“「メガネ」にこだわる理由”

コードヴァンとは、農耕馬の尻革の中でも繊維層が極めて緻密且つ堅牢な部分を指し、馬1頭から採れる量が少なく、個体によってはコードヴァン層がそれほど形成されていない馬もいる為、非常に希少性が高くなっています。

その中でも更に貴重な、尾てい骨部分を裁断していない「メガネ」と呼ばれる50頭に1枚ほどしか採れない大判の革を使用しています。

このメガネの「カネ」と呼ばれている尾てい骨付近にはコードヴァン層が無いため、多少のザラつきが出ることがありますが、使っていくうちに自然と馴染み、ツヤ感がでてきます。それこそが1枚革の証でもあります。

─なぜ、メガネにこだわるのか?

メガネ程の大きな一枚革でないと、繋ぎの入っていないベルトが作れないのです。
私達が求めているコードヴァンベルトは、継ぎ目のないドレッシーさ漂う、言うならば“シンプルイズベスト”。そして、見た目の美しさだけではなく、へたりにくく、長年愛用できるレベルの「質」。
この質をクリアするため、ベルト作りを進めていきました。

“見えない部分。だからこそ、手を抜かない”

長年愛用できるかどうかのポイント。
それは、芯材選びです。

革と革の間に使われる芯材。おそらく芯材を見た事がある方は少ないのではないでしょうか。

ベルトの芯に合成素材を使用する場合も多い中、ブルックリンで取り扱っている全てのベルトは、渋床(しぶどこ)と呼ばれる、タンニンなめしのヌメ革を採用。革の芯材を使用する事で強度が増し、へたりにくくなります。
ドレスベルトの作り方として特徴的な「フェザー」と呼ばれる、ベルトの中心部分を盛り上げる加工を3層構造にする事で、見た目の美しさに加え、ベルトを締めた時のフィット感にもこだわりました。

表面はコードヴァン、裏には表面をサンドペーパーで毛足を立てたヌメ革を使用しています。更にバックルを取り付ける際には、ミシンではなく、4ヶ所をしっかり手縫いしている為、バックルを引っ張ってもビクともしないほど丈夫に仕上げています。

“「質」を保ち続ける使命”

バックルは真鍮を使用。
真鍮は、ずしっとくる重量感が高級感を漂わせながら、しっかりとした強度も兼ね備えた素材。裏面も丁寧に磨き上げてからメッキをかける事で、ベルト帯に傷がつかない様に仕上げています。
パーツひとつを取っても、全て手仕事にこだわり抜くからこそ、高い「質」が保たれているのです。

丁寧なグレージング仕上げにより、使い込むほどに美しいツヤが増し、上品さを醸し出すコードヴァン。
素材の特性上、その製法はひとつとしてミスが許されず、多くの職人たちの手間と時間をかけ仕上げられます。素材の素晴らしさを最大限に感じて頂く為には、たとえ見えない部分であっても、全てにこだわり抜かなければ、せっかくの素材が無駄になってしまうのです。

商品の「質」を保ち続け、さらに高めていくことは、全ての職人たちの“プライド”を引き継ぎ、世の中に発信していく使命だと私たちは考えます。

素材の良さはもちろん、つけ心地と細部に至るまで質を追求した、ブルックリンのコードヴァンベルトが完成しました。