mail facebook twitter

MATERIAL

ブルックリンオリジナルレザーである「ヤマト」。
日本の四季の恩恵を受け、じっくり時間をかけ育てられた和牛の革です。
“春から夏にかけて肌目がゆっくり開き、秋から冬にかけてゆっくり閉じる”
美しい四季を感じて飼育された肌質は、キメが細かく、弾力性に優れていることが特徴です。

その風合いを損なわぬよう、タンニン鞣しを施し、「本染め」と呼ばれる加工法によって染め上げられています。
原皮に染料を少し入れては天日干しをし、再度染料を少し入れては天日干しをする、という過程を何度も繰り返し、時間をかけて皮の芯まで染料を染みこませる製法で、手間を惜しまず丁寧に仕上げられています。
本染めだからこそ表現できる、澄んだ色と質感の「ヤマト」。
身につける年数とともに、色は徐々に深く、濃く変化します。

今ではほとんど行われていない「ツキ」を行うことも、ヤマトを語る重要な鍵となります。
肌目を整えるため、ヘラで表面を滑らかにしていく。
この作業を数回施すことで、より一層美しくエレガントな革となるのです。

牛の飼育・原皮から革への加工・製品となる最後の行程まで全てが、日本の卓越した職人たちによって手がけられた、オール・メイド・イン・ジャパン。

ブルックリンが求めるクオリティで仕上げるその工程には、多くの手間と時間がかかっています。
世界に誇るべき革がここに誕生しました。

AGING LEATHER

NOTE

  • 革を染める時期や原皮の個体差によって、1枚1枚染料の入り方が違う場合があります。 革の個性とし、お楽しみ下さい。
  • 商品画像はできる限り現品を再現するよう心掛けておりますが、ご利用のモニターやパソコン環境によっては、色の見え方に差異が生じる場合がございます。予めご了承下さい。

MATERIAL 一覧へ