mail facebook twitter

MAGAZINE

MAGAZINEマガジン

Vol.02

なぜ、和牛なのか。

BROOKLYN MUSEUMを語るに欠かせない素材「ヤマト」。
2004年に発表し、様々な商品を制作してきました。

“何故、和牛にこだわったのか”

ブルックリンが考える、最上の素材をご紹介します。

さかのぼる事、十数年前。
ヨーロッパ・ミラノで年2回開催される、鞄・革小物の展示会「 MIPEL 」へ出展したことが、我々にとって大きなターニングポイントとなりました。
MIPEL 82回目の開催にして、初めてのジャパンブランド出展。
非常に名誉な事であり、それだけに、重みある招待状でした。

「日本だからこそ出来る、日本ならではの良さを表現する革小物とは何か?」
これまでも「MADE IN JAPAN」を貫いてきた私たちでしたが、「それ以上の何か」が必要になることも感じていました。

そして考え抜いた結果、和牛の存在に辿り着いたのです。


製品を作る「革」へ加工するための「原皮」は、ほとんどを輸入に頼っているのが現状です。
そこで、 “原皮から、全ての工程をどうにか日本で行えないのだろうか”
そう考える中で、日々様々な場所へ出向き、ブルックリンの求める和牛革を探していきました。

和牛の最大の特徴は何か。

それは、“肌目”にあります。
その肌目を作ることにおいて、カギとなるのは「四季」の存在です。

日本以外にも四季を持つ国はあるものの、これほどはっきりとした気候の変化を感じ取れる国は珍しく、自然が持つ表情も多様な豊かさがあります。 そんな自然の中で育てられた牛の肌目は、春から夏にかけてゆっくり開き、秋から冬にかけてゆっくり閉じていきます。このゆったりとした気候変動を通して、キメが細かく、弾力性に富んだ、非常に綺麗な肌となるのです。
人間の肌も同様に、世界的に日本人の肌がキメ細かく美しいとされる所以です。

そしてもう一点大切なことは、一頭一頭に手間をかける「職人」の存在です。

酪農家の方々は、日々朝から晩まで手をかけ、牛を大切に育てています。
牛の大きな身体を、一頭一頭丁寧にブラッシングするのは骨の折れる作業ですが、汚れや菌が落ちるだけでなく、血流を良くし、体調を整える重要な作業。
こういった細やかな牛への配慮がなされているからこそ、牛へのストレスも少なくなり、質の良い革が出来上がるのです。

これだけ手間がかかった原皮を、“より良い革”へ仕上げる技術が必要でした。

『牧場から前鞣(なめ)し、後鞣し、染色、そして仕上げまで、とにかく全工程において日本で行うことにこだわりたい』

そんな我々の要望を叶えてくれたのは、長年ヌメ革ベースのタンニン鞣しを専門としている都内のタンナーさんでした。
何度も打ち合わせを重ねる中で、「良いモノを作りたいが、実際に市場で求められるのはインポートに似せたモノ。技術はあるのに活かせないことが一番つらい。」という言葉がありました。

「だからこそ良いモノを作ろうとしている人と協力していきたい。」

一からモノ作りを行ってきた我々には、これ以上ない言葉でした。
この会話をきっかけに、双方の本音をぶつけ合い、イメージを固めていきました。

一般的にヌメ革というと、分厚くハードなイメージ。
しかし、我々が作りたい革は「エレガント」かつ「ブルックリンらしいカラー展開」ができる革です。

我々が求める肌質を再現するため、工程を何度も確認し、仕上げの温度を少しずつ調整しながら、試行錯誤していきました。


特徴として、染色をする際 『芯通し(しんとおし)』をしています。
これは、「革の内部まで染料を入れて染める」方法で、芯まで染める事により、革にキズが深く入っても、下地が見えない様になります。

そして、芯通しを行うためには、厳選した革を使用しなければなりません。
なぜならば、通常の染色よりもタイコに入れ、まわす時間が長いため、耐久性に優れた革を選定する必要があるからです。

次に重要な工程となるのが、『ツキ』と呼ばれる革の肌目を整える作業です。
ハガネと呼ばれるヘラを使い、手作業で、一枚一枚丁寧に質感を整え、均一にするこの作業。
今ではこの工程を行うタンナーは少なくなりました。
それほど時間と手間がかかり、技術を要する工程です。

あくまでも手作業を貫くからこそ表現できる肌目は、エレガントで美しく、納得のいくモノ作りの根底を支えています。

この下地作りを行った後、仕上げの染色を行います。
これまでの下地作りは「ブルックリンらしい色でありながら、革らしい表情を残して欲しい」という我々の細かな要望を叶えるため、必要不可欠な工程です。
何故なら、この下地作りがしっかり成されていればこそ、絶妙な色出しが可能となるからです。

ブルックリンが扱う革の特徴は、色数の豊かさにも現れています。どのようなシーンをも彩り、周りの人さえ楽しくさせてしまう、そんな色を揃えてきました。

ただし、どのような色でも良いわけではなく、
・ビジネスシーンで使うことで、よりその人の印象を高める色
・様々な商品を持ったときにも、それぞれが引き立て合う色
これらが揃ってこそ、“ブルックリンの色”として採用されます。



ここで、ヤマトレザーが完成するまでの工程をご紹介します。

1. 「タンニン鞣し」
植物に含まれるタンニンを利用して鞣す方法です。
現在、質の高い和牛原皮を仕入れることが非常に困難となっていますが、独自のルートを確立しているこのタンナーでしか扱うことの出来ないヌメ革を使用しています。

2. 「染色」
クラスト(下鞣し済で染色前の革)をタイコに入れ、染色します。
より繊維の奥まで芯通しする為、通常の染色に比べ、2倍の時間をかけています。
ドラムの回転数や水温調整、染料の量などヤマトシリーズの為に研究したオリジナルレシピです。

3. 「脱水」
タイコで後鞣し、染色した革は水分をたっぷり吸って膨らんでいる為、専用脱水機で余分な水分を取り去ります。
機械のハンドルを回し、革の厚みを合わせ、シワを伸ばしていきます。その後、革を乾かします。

4. 「ツキ」
水気を切った後、それぞれの革を見定めながらブラッシングをし、「ハガネ」と呼ばれる専用工具で “一枚一枚” 革の肌目を整えていきます。
現在は、専用のプレス機を使うところが増えましたが、あくまでも職人の手にこだわり丁寧に伸ばしています。
どこまで時間をかけるかによって、製品化した時の表面の美しさが違ってきます。
この後、天日干しで十分に乾かします。

5.  「オイル調整」
乾いた革の染料の入り具合を確認した後、均一な色合いを出す為、専用コンプレッサーを使い、オイルを表裏と丁寧に吹きかけていきます。
吹きかける量によって革の色目が変わる為、最終工程でしっかり色が定着し、要望通りの色へ仕上がる事を想定しながら、オイルを調整していきます。 革の個体差に対する僅かなオイル量の調整も、様々な革と対峙してきた経験値を元に進められます。

6. 「アイロン」
オイルの吹きかけ作業後、乾いた革を、大型のアイロンにかけて完成させていきます。
通常は1回のところ、ブルックリンの革は表面の滑らかさを出すために、2〜3回アイロンをかけていきます。




ブルックリンの考える「良いモノ」。
それは、

“様々な人の「知恵」と「手」、そして「情熱」が入るモノ”

だと、私たちは考えます。

 




記事一覧へもどる